お知らせ・イベント

s

自転車利用者の
ヘルメット着用
努力義務化されました

2023年4月1日(土)から、すべての自転車利用者に対してヘルメットの着用が努力義務になりました。
年齢に関係なく、大人も自転車に乗る際にはヘルメットを着用するよう努めなければなりません。交通事故の被害を軽減させるためには、頭部を守ることが重要です。自転車に乗るときはヘルメットを着用し、大切な命を守りましょう。

自転車安全利用五則

①車道が原則、左側を通行 歩道は例外、歩行者を優先
②交差点では信号と一時停止を守って、安全確認
③夜間はライトを点灯
④飲酒運転は禁止
⑤ヘルメットを着用

自転車利用者による死亡事故のうち、多くの方が頭部を損傷しています。
2023年、道路交通法の改正により、自転車のヘルメット着用が「努力義務化」されます。

※道路交通法第63条の11「自転車に乗車する者に対する乗車用ヘルメットの着用に係る努力義務」

自転車の交通ルールなど、詳しい内容については、
交通安全情報をご覧ください。

自転車の交通安全 詳しくはこちらをチェック!

  • 数字で見るTOKYO SAFETY ACTION 自転車編